スポンサーリンク

「本当はずっと使いたかった」手放す時に、そう思うことが増えました。

かわいい!安い!と思ったら飛びついて買う。

そして、ほとんど使わない…

そういうことは、今はもうなくなりました。

本当に気に入ったもの。本当にすきなものだけを、しっかり選ぶ。

だからこそ、手放す時には「本当はずっと使いたかった…」と思うことが増えました。

スポンサーリンク

本当はずっと使いたかったお気に入りを手放す

最近、手放したもの。

ものすごーーーーーーーく

お気に入りだったHUNTERのレインブーツです。

そんなお気に入りブーツを手放した理由は、ただ1つ。

寿命を迎えたから…

パックリと、裂けてしまいました。

大雨の日、気づかずに履いて靴の中がびしょ濡れになってしまいました…

ゴムなので、こうなってしまったらもう寿命です(泣)

「本当はまだまだずっと履きたかったのに…!」

そう思いながら、泣く泣く手放すことになりました。

「本当は手放したくない!」と思えるものを厳選したい

本当は手放したくないし、同じものを買い直したいぐらいお気に入りでした。

でも、同じデザインのものは今はもう売っていないようです。

悲しい…

created by Rinker
HUNTER(ハンター)
¥16,573 (2019/09/21 02:40:00時点 Amazon調べ-詳細)

定番のデザインもオシャレで惹かれるものの、レースアップを見つけたあの時のときめきには敵いません(笑)

手放す時に、ポイッとゴミにするのではなく「本当は手放したくない…!」と思えるお気に入りを、時間をかけて選びたいと思います(*^^*)