【断捨離】捨てて後悔…それは思い出が美化されているだけ。

▽記事をシェアする

「やっぱり捨てなければよかった…」

モノを手放して後悔したことはありますか?

あの時手放したあの靴、まだ持っていればこの服と合わせられたなぁ…
そんな風に捨てたモノを時々思い出すことがあります。

でも、それって美化された思い出だなって最近気づきました。

スポンサーリンク
広告

思い出は美化されるもの。

手放した時には、手放す理由がありました。
だけど手放して時間が経つと、そんな理由を忘れがち。

デザインが気に入って買った靴。
でも、色が合わせにくい。くたびれてきた。歩いていると足が痛くなるからおでかけには履けない。などなど…

使わない理由があったから手放したモノ

それなのに、思い出はどんどん美化されて…

可愛いデザインのことだけを思い出す。
そして、色も状態も、少し美化されて実際より綺麗に。その靴を履いて颯爽と歩いている自分…

でも実際目の前に戻ってきたら、やっぱり使わないはずです。

もし、手放して後悔してしまうモノがあるなら、理由を1つ1つ思い出してみてください。

思い出が美化されていたことに気づくと思います(*^^*)

断捨離した理由。なぜときめかなくなったのか考え、次に生かそう。
少し前に、いくつか服を断捨離しました。 手放した理由は、もうときめかないから。 では、ときめかない理由は? ...