「好き」と「似合う」の違いに気づけば、服選びの失敗はぐんと減る!

▽記事をシェアする

好き!と飛びついて買ったのに、
結局すぐに使わなくなってしまったり、
一度も使っていない。

そんな服やバッグ、ありませんか?

私は、たくさんありました!

確かに好きだと思って選んだはずなのに、
なんで、そんなことになっちゃうんでしょう。

これって「好き」と「似合う」のギャップのせいなんですよね。

スポンサーリンク
広告

好きなモノが合うモノとは限らない

どんなに好き、好みだと思っても
それが自分に合うかどうかは別問題。

可愛いと思って選んだ服も、着てみるとイメージと違う…
こんな経験一度はありますよね。

色、形、素材
何かが少し違うだけで、全然似合わなくなります。

形、素材がお気に入りの服を色違いで買い足したら
そっちは全然似合わなかった!という事もあります。

服の断捨離を進めていくと、
手放す服、残す服に、それぞれ共通点が必ずあるはず。

どんな服は、好きでも結局着ないのか。
それさえわかれば、お買い物の失敗はなくせますよね。

私の場合…

ほとんど着ずに手放す服は
ブラウン、カーキ、ベージュなどの
ベーシックなアースカラーが多かった!

好きだし無難だし…そう思って買っていたけど
実際には、似合わず着こなせない色でした。

断捨離をするまで気づけず、
好きだから買い続けてしまっていました。

ちゃんと考えて買っているのに、なぜか着ない服を買ってしまう…

そんな方は、もしかしたら
好きだけど似合わない服を買い続けてしまっているのかも。