【断捨離】着心地の悪い服は部屋着にもならない

▽記事をシェアする

我が家では、夫の服の管理には基本ノータッチです。

いつもは夫が自分で服を選んで購入し、自分で捨て時を考えるのですが、珍しく悩んでいる様子だったので、一緒にチェックしてみました。

スポンサーリンク
広告

夫の服の断捨離 着心地の悪くなった服

「捨てようかな…勿体ないから部屋着にしようかな…」と夫が悩んでいた服です。

確かに、部屋着には十分使えそうです。

でもなんで悩んでいるのかを聞いてみると、パーカーは重く、パンツはウエスト部分のベルトが煩わしいなど、「着たくない理由」がほいほい出てきました。

着たくない理由がハッキリわかっている服は、たとえ部屋着でも絶対着ませんよね(笑)

「重いパーカー、しんどいパンツ穿いて家でくつろぐと思う…?」と聞いてみると、答えはもりろんNO!

破れたり傷んでいなければつい「勿体ない」と思ってしまいがちだけど、夫も本当は「もう着ない」とわかっていて背中を押してほしかったんでしょうね。

捨てることが出来てスッキリしたみたいです(*^^*)

それにしても、夫は私の倍以上は服を持っているのですが…

毛布や季節物の家電などを収納している押入れが、いつの間にやら夫の衣類に浸食されています。

この調子で断捨離を進めてほしいと願う妻でした(^^;)