自分で高さ調節できる枕で夫のいびき軽減!「匠眠」高さ調整ピローレビュー

スポンサーリンク

隣で寝ている夫のいびきが、けっこううるさくて…

ガーッガーッと大きないびきをかいていると思ったら、突然カッと呼吸が止まる…

心配になり、病院で無呼吸症候群の検査を受けたこともあるのですが、睡眠中に呼吸は何度か止まっているが無呼吸症候群と診断されるほどではないというモヤモヤな結果で…

まずは枕を買い替えてみよう!と、高さを調節できる枕を買ってみました。

これが、なかなか良かったです!

スポンサーリンク

高さ調節ができる枕 匠眠

高さ調節ができる枕の中でもお手頃な価格の物を選んでみましたが、なんとなく高級感があります。

枕の硬さは2種類から選べます。

  • ソフトタイプ:つぶわた
  • ハードタイプ:パイプ

夫はソフトタイプのつぶわたを選びました。

このように、中央、両サイド、首元の4つのパーツに分かれています。

裏側には高さ調節シートが2枚付いています。

2枚の高さ調節シートはそれぞれ厚みが違い、10mmと20mm。

シートの組み合わせで、0mm、10mm、20mm、30mmの4段階の調節が可能。

真ん中のファスナーを開けて、シートは簡単に着け外しができます。

シートを取り外すと、4つのパーツに分かれたポケットが出てきます。

ここで、詰め物の量を自由に調節することができます。

ソフトタイプのつぶわたがしっかり詰まった状態です。

届いたままの状態では高すぎて寝苦しいとのことで、中身を抜いてみたり、シートを抜いてみたり、何日かかけて一番寝心地の良い状態を探しました。

夫の場合は、中身はそのまま、10mmシートを抜いた状態に落ち着きました。

スポンサーリンク

高さ調整ピローの寝心地は?

この枕で眠る夫を、隣で1ヶ月見ている私の感想は…

  • いびきが確実に軽減した
  • 呼吸がカッと止まる姿を見なくなった
  • 寝相がかなり良くなった

夫は私より先に寝るので、あとから寝室に行くとガーガーいびきをかいていたり、首が曲がった状態で苦しそうに眠っていることが多かったです。

枕を変えてからは、いびきをかいていることがほとんどなく枕に頭をしっかり乗せた状態で眠りについています。

一番心配な、呼吸がカッと止まる姿はここ1ヶ月見ていません。

(もちろん私もずっと起きて見ているわけではありませんが、以前のように見かけなくなったということはかなり軽減されていると思われます。)

夫自身は、自分のいびきや無呼吸を自覚していないのですが、以前よりも寝つきが早く、ぐっすり眠れるようになったとのこと。

枕は大事って聞くけど、本当に変わるんですね。

この枕は高さ調節ができることはもちろん、洗えるというところもかなり嬉しいポイントです!

自分や家族のいびきが気になっている方、枕が合っていないかも?と感じている方は、自分で高さ調節ができる枕を一度試してみてほしいと思います(*^^*)

スポンサーリンク

寝具の関連記事

スポンサーリンク