夫の実家の断捨離で、我が家に増えてしまったモノ。

「思い切って家にある物を捨てたいので、手伝ってほしい」

最近、高齢の義母が大掛かりな断捨離を始めました。夫と手伝いに行っています。

夫の両親はもう持ち家は手放しており、賃貸アパートで小さく生活しています。

それでも出るわ出るわ…何十年も前の服、モノ!

何度か引っ越しをしているはずなのに、何故わざわざ持ってきたの!?と聞きたくなる物が大量に!

「物を捨てたい」と自ら言い始めたのに、いざ捨てるとなると「まだ着るかも…」「でも、これは…」と何十年も前の服を握りしめる義母。

「絶対着ないから!」「もう、こんな服では歩きにくいでしょ?」と息子(夫)にピシッと言われ、ようやく処分する決心がついたようで、その後はサクサクッと片付けが進みました。

そんな中で、「これはあなたたちが持って帰って!」と渡されたモノ。

夫の実家の断捨離で我が家に増えたモノ

「これは捨てられない!持って帰って!」と渡されたものは、大量の写真、アルバム。

両親の若い頃の写真から、夫と兄弟の子どもの頃の日常の写真まで…

そう、写真って捨てにくい。

だから押し付け合いになりがちなんですよね(^^;)

夫は「いらない!」「自分で処分して!」と言っていましたが、ひとまず自分の子どもの頃の写真(写真館で撮ったもの)だけは引き取ることにしました。

 

あまりにも古くボロボロの紙袋はまとめて処分。

中から小さな虫の死骸がポロポロ出てきましたよ…(゚Д゚;)

きっと何十年もこの写真を見返したことは無かったのでしょうね。

古い写真を「大切に」持ち続けている方は要注意かもしれません。