スポンサーリンク

骨格診断を知ってスキニーパンツは似合わないと気づいた。

とりあえず1つ持っていると便利で着回しが効く黒のスキニーパンツ。

あまりに無難すぎて、実は似合っていないという事実に気づくことが出来ませんでした。

私には似合わなかったようです…

スポンサーリンク

スキニーパンツは似合わないと気づいた

どんなトップスにも合わせやすく無難で便利なスキニーパンツ。

私は脚がどちらかというと細い方で、上半身~腰回りは隠したくなる体型。

だからトップスはややゆったりめ、ボトムはスキニーや細身を選ぶようにしていました。

それでもスタイルが良く見えないのは、実際にスタイルが悪いのだから仕方がないと諦めていました。

「骨格ストレート」はスキニーが苦手

骨格診断×パーソナルカラー 本当に似合う服に出会える魔法のルール」を読んで、自分はストレートという骨格タイプだとわかりました。(セルフチェックが出来ます)

ざっくり言うと、上半身に厚みがあり下半身(ひざ下)は細い体型。肉質を拾う服を着ると太って見えてしまうためスキニーパンツは苦手アイテムとのこと。

脚だけは細いから、ピタッとしたスキニーでより細く見せた方がいいと思ってたのに…

ゆったりめのトップスもNG

さらに、骨格ストレートはゆったりしたトップスも似合わないとのこと。

上半身がしっかりしているので大きめの服で隠したいと思いがちだけど、ジャストサイズの方が体型が綺麗に見えるそう。そうだったのか…

骨格によって、体型が綺麗に見える服は違う。

自分に似合うアイテム・似合わないアイテムはある程度把握しているつもりだったけど、「実は似合っていない」というアイテムに気づけたり、似合わないアイテムが何故似合わないのか理解することが出来ました。

少ない服を上手に着回せるよう、これからの服選びに生かしていきたいです。

Kindle版は200円です!