他人目線の「充実感」をやめてみた。自分の好きな時間を過ごす事こそが充実。

▽記事をシェアする

やめてみた。という本を読みました。

31のやめてみたことを、
可愛らしいイラストで描かれたコミックエッセイ。

今まで必要だと思っていたこと
それが普通だと思いていたこと。

暮らしの中で、そういうことってたくさんあって
私も、たくさんやめたことがあるので、
共感しながら読み進めることができました(*^^*)

スポンサーリンク
広告

やめてみた。

充実させなきゃ!と思うことをやめてみた。

中でも、第十二話「充実させなきゃ」の巻
読んで心がスッと軽くなりました。

毎日を充実させたいと考え、
「人生が充実しそうなこと」で予定を埋め
ギッチリ埋まった手帳を眺めてニッコリ

そして、疲れる。

何度も経験があるので、ものすごくわかります!

自分が何をしている時に充実感を感じるかではなく…

「こういう事をすれば充実している人に見えそう」

人と比べ、私は充実していないと焦り
他人目線で「充実」させなければと考えてしまう。

無意識のうちに、
私にもそういう考えがあったと気づきました。

何で充実を覚えるかは、人それぞれ。

著者のわたなべぽんさんは、

家中ピカピカに掃除して、
買い物ついでにお散歩して、
部屋でゆっくり読書をする方が
自分にとって充実感があると気づいたそうです。

「今まで気づかなかったけど、
これまでの生活の中にも私なりの充実感はちゃんとあったんだ。」

とても印象に残る一言。

私は、好きな楽を流しながら家中を掃除して、
お気に入りのソファに座って、
のんびりコーヒーを飲んでいる時

あ~、今日も幸せだな~って感じます。

それなのに、心のどこかでは
また今日も1日中家にいた。何もしなかった。充実していない…

そんなモヤモヤもありました。
その原因にやっと気づくことが出来ました。

他人ではなく、私が充実感を感じているのだから
この生活を変える必要なんて無いんですよね!

「以前よりも自分の生活が
愛しく楽しく感じられるようになりました」

著者の言葉の通り、
私も他人目線の充実感にとらわれる事をやめて
今までの暮らしが、ますます好きになりました(*^^*)