スポンサーリンク

しばらく使っていない物が「使えない物」になっていた。物は使わなくても劣化する!

以前、髪を切って使わなくなったホットカーラーとアイロンを断捨離しました。

もう使わないから手放すことにしたけど、実はそれ以上に決定的な理由があります。

使わない、ではなく

使えなくなっていたんです…

スポンサーリンク

使っていない物が「使えない物」に…

もう何年も使っていなかったホットカーラーはコードをさしても温まらず。

アイロンは何故か持ち手が溶けてベタベタに(何故!?)

いつから使えなくなっていたんだろう…

もう使えなくなっていることにも気づかず、ずっとクローゼットのスペースを取っていました。

物は、使わなくても劣化する。

「いつかまた使うかも」と残している物は、

もしかしたら「もう使えない物」になってスペースを無駄にしているだけかもしれません。

こういった電化製品は特に気をつけないといけませんが、靴なんかも久しぶりに履こうと思ったら革がボロボロに!なんて事があります。

「使っていないけど、どうしようかな…」と、すぐに決断できない物ってどうしてもあるけど、悩む以前に、まだ使えるか。

定期的に確認する事が大事だと気づいた出来事でした。