無印良品のメイクボックスにお薬を収納。中身が取り出しやすいちょっとした工夫。

我が家の薬箱は、無印良品の定番アイテムPPメイクボックスを利用しています。

シンプルで、いろんな場所のお片付けに使える便利なアイテム。

お薬も全てここに収納しています。

スポンサーリンク

お薬箱は無印良品PPメイクボックス

扉付きの棚の中に入っている、左側のボックスが我が家のお薬箱。

半透明のボックスで中身は丸見え。

蓋なし。

オシャレさのかけらもありませんが、お薬箱は中身の把握しやすさと取り出しやすさが大事だと思うので、いろいろ試してこの状態に落ち着きました。

スポンサーリンク

取り出しやすい工夫。蓋はいらない。

お薬箱に蓋はありません。

使うたびに蓋を開け閉めすることがめんどうだから…

そして、さらに。

お薬の紙箱の蓋も切り取っています。

こうしておくと、手間なく欲しいお薬を取り出すことが出来て便利だし、中身が散らかりません。

開封したら、この部分を切り取るだけ。

紙箱にはいろいろ注意事項などが書かれているので、捨ててしまわず最後まで「小分けケース」として使います。仕切りも必要ありません。

わかりにくくなると困るので、詰替えはしません。

説明書も捨てずに、箱の中に入れてあります。念のため。

湿布類は夫が使うのですが、蓋をしてあると箱ごと取り出してその辺に放置したり、元の位置に戻さず他のお薬の上にポイッと乗せたりするので…

何度言っても直らなかったけど、蓋を切り取るようにしてからは中身だけ取り出すようになったようで、散らからなくなりました。

決して見栄えが良いとは言えないけど…

蓋が無いことでさっと取り出しやすく、散らからず、使い勝手は抜群です。

無印良品 オススメのモノ〜 ♪♪ インテリアブログ・テーマ
無印良品 オススメのモノ〜 ♪♪
スポンサーリンク