広い家には憧れない。もっと狭い家で暮らしたい!と思う。

▽記事をシェアする

私たち夫婦が暮らしているのは、3DKの賃貸です。

決して広いとは言えませんが、2人暮らしには十分。
田舎なので家賃は安いです。

・ダイニングキッチン
・リビング
・寝室
・部屋干し+夫のタンス

部屋はこんな風に使っています。

部屋干しと夫のタンスで1部屋…
贅沢ですよねぇ(笑)

スポンサーリンク
広告

理想はもう少し“狭い家”

結婚3年目の私たち。

「そろそろマイホームが欲しい!」

本来ならこんな会話が出てくる頃かもしれませんが、
私たちがよくする会話は

「もう少し小さな家に引っ越したいね」

です。

モノをたくさん持っていた頃は、
漠然と「おおきなおうち」に憧れていました。

大きな家に暮らせば、スッキリ暮らせるんだろうなぁって。
うちは狭いから片付かないんだー!って。

でもそれは大間違いでした。

片付かないのは余計なモノが多すぎるから。
家の大きさは関係ない。

断捨離をして、たくさんの不要な物を手放して
必要な物しか持たない暮らしをするようになったら

おおきなおうちへの憧れもなくなりました。

P1020713

寝室はなんにもない。
寝る時に布団を敷くだけ。

P1030249

リビングはテレビ、ソファ、ラグがあればもう十分。
(夏場はラグも敷きません)

こうしてスッキリした家で暮らしていると、
もっと狭くても大丈夫なんじゃないかな

むしろ狭い方が快適かもしれない

と夫婦揃って思うようになってきました(笑)

狭い家の魅力は、
掃除をするスペースがもっと少ないこと!
家賃がもっと安くなること!
生活費(光熱費)だって少し減るはずです。

メリットがいっぱい…
憧れる。

今すぐ引っ越そうというわけではありませんが、
いつでも「憧れのちいさなおうち」で暮らせるように…

モノを増やさないちいさな暮らし
心がけていこうと思います(^^)